お近くの工事店をお探しの方はこちら

特集ページはこちら

TOP  >  ハイドロテクトクリアコートGLASS

窓ガラス、トップライト、カーテンウォールの透明な美しさをイージーメンテナンスで保つ、光触媒コーティング材 ハイドロテクトクリアコートGLASS

  • ガラスの美観を保つ
  • 雨の日でも視界良好
  • 高耐久
  • 商品仕様

重要事項のご説明 ※ご購入の前に必ずご確認ください。

<ハイドロテクトクリアコートGLASSは全く汚れないコーティング材ではありません>

汚れが過度に集中するような部位においては汚れの負荷が大きいため、防汚効果が十分に発揮されません。
キレイな外観を維持するためには、ハイドロテクトクリアコートGLASSの施工だけでなく、特定の部位に汚れが集中しないための配慮、工夫が必要です。
また、汚れには十分に効果を発揮しない場合があります。例えば、次のような汚れが考えられます。

  • 無機質系の汚れ(さび、もらいさび、エフロレッセンス、黄砂など)・・・・・無機質系の汚れを分解することができません。
  • 樹液や木の葉などの腐敗成分、鳥の糞による汚れ・・・・・汚れの負荷が大きいため十分に効果を発揮できません。
  • 藻・カビの汚れ・・・・・設置された環境により、効果が発揮できない場合があります。

効果を発揮させるために!

汚れ負荷の軽減について

ハイドロテクトクリアコートGLASSは光触媒のセルフクリーニング機能によって優れた防汚性を発揮しますがシーリング材の種類あるいはガラス面の形状、環境によっては防汚効果が十分に発揮されない場合があります。ハイドロテクトクリアコートGLASSは洗浄が不要な魔法の塗料ではありません。汚れが過度に集中するような部位においては汚れの負荷が大きいため防汚効果を十分に発揮できません。キレイな外観を維持するためには、ハイドロテクトクリアコートGLASSの施工だけでなく、特定の部位に汚れが集中しないための配置、工夫が必要です。
ハイドロテクトクリアコートGLASSの使用において外部シーリング材にシリコーン系が使われている場合はシリコーンシーリング材から溶出するシリコーンオイル等の付着により、十分な防汚性が発揮されません。
シリコーン系以外のシーリング材、低汚染型シーリング材等への変更をご検討ください。

▲ページトップ