お近くの施工店をお探しの方はこちら

特集ページはこちら

TOP  >  光触媒コーティング材 商品情報  >  ハイドロテクトクリアコート TILE(タイル用)  >  防汚

ハイドロテクトクリアコート TILE タイル、ホーローパネル、結晶化ガラス建材向けの光触媒コーティング材

  • 特長1:防汚
  • 特長2:高耐久
  • 特長3:商品仕様

重要事項のご説明 ※ご購入の前に必ずご確認ください。

<ハイドロテクトコートは全く汚れない塗料ではありません>

特定の部位に汚れが集中しないように水切りの設置をおすすめします。また、汚れには十分に効果を発揮しない場合があります。例えば、次のような汚れが考えられます。

  • 無機質系の汚れ(さび、もらいさび、エフロレッセンス、黄砂など)・・・・・無機質系の汚れは分解することができません。
  • 土留め等下地の中からしみ出る汚れ・・・・・汚れの発生源を取り除いてください。(建設業者様とご相談ください。)
  • 樹液や木の葉などの腐敗成分、鳥の糞による汚れ・・・・・汚れの負荷が大きいため十分に効果を発揮できません。
  • 藻・カビの汚れ・・・・・設置された環境により、効果が発揮できない場合があります。

特長1:防汚効果 自然の力でキレイになる

PIAJ光触媒作用により生み出される「分解力(太陽光<紫外線>が汚れを分解)」と「親水性(雨が汚れを洗い流す)」によるセルフクリーニング(防汚)効果で長期間キレイな外観を保ちます。

※ 汚れが発生した場合でも簡単に洗い流すことが出来ます。

太陽や雨の力でキレイにする「セルフクリーニング効果」の仕組み

外壁の汚れについて

外壁の汚れの原因は、大気中の汚染物質(排気ガス、工場の排煙等)により発生する油分を含んだペタペタした付着汚れと、油分を含まないちりやホコリとに大別されます。

セルフクリーニング(防汚)効果のメカニズム

光触媒作用によって外壁表面に付着した汚れを分解し、雨で洗い流します。

防汚性比較と汚れの種類

セルフクリーニング(防汚)効果の検証

汚れの落ちやすさの比較

※当社試験結果であり、条件により効果が異なる場合があります。

外観そのまま

クリア(透明)なコーティング材ですので、塗装後も外観(色や艶)は変わりません。

ハイドロテクトクリアコートTILEは「セルフクリーニング」性能においてPIAJマークを取得しています。

PIAJマークは、光触媒工業会が、性能、利用方法等が適切であることを認めた光触媒製品に与える認証マークです。

製品の光触媒性能表示を見る

PIAJ 光触媒工業会 登録2010-0002 2010-0003 セルフクリーニング

▲ページトップ